あいあい のすべての投稿

毛皮のコートを保管する上で知っておきたい事

毛皮のコートの保管方法に工夫はしていますか?コートはコートでも毛皮のコートは保管の仕方に少し工夫をしましょう。
・毛皮を保管する方法
毛皮を自宅で保管する時には汚れを綺麗に落としてから保管する事が重要になります。少しの汚れも見逃がさない方がいいです。例えば冬の間に1度でも利用したのなら、そのままの状態で放置しておていはいけません。
それでは虫がついてしまう可能性があるためです。ですから、保管する前には十分に汚れを落としておきましょう。それから、毛皮は光と埃を避けるようにして保存する事が大事です。
日光に気を付ける事はもちろんの事、蛍光灯の光も気を付けましょう。理由は光によって毛皮は色が変わってしまうからです。とはいえ、湿気が多い場所に保存していてはカビの影響を受けますから、湿気が少なくて風も通っていて、なおかつ光をが当たる事が無い場所を保管場所にする事が重要になります。
埃について言えば毛皮を傷める原因になりますし、毛抜けにも繋がります。保管する前には軽く叩いておけば、毛に挟まっている埃やゴミを取り除いておく事ができます。
・毛皮だからこそ気を付ける事
他のコートと同じようにビニールをかけて保管するのはやめておいた方がいいでしょう。ビニールを覆う事は通気性の面でいけません。毛皮専用の木箱に紙で包み込む形で保管します。
もしも箱が無い時には布の袋にしまい、ハンガーにかけて吊るしておく方法もあります。また布の袋の中には紙で包んだ防虫剤も入れておくといいでしょう。毛皮のコートは保管に気を使う事もありますが、長く使えるように注意ポイントは押さえておきましょう。

不要な毛皮のコートは買取りがおすすめ

最も景気が良かったバブル期には、着るものすべてが高額な商品がたくさん売られていました。代表的なもの中のひとつに毛皮のコートが挙げられます。中には数百万円ものするコートなどもあり、今の言葉でいえばセレブ級の高級衣類としてもてはやされていました。そんな毛皮のコートも、時代とともに見かける機会が少なくなりした。しかしここにきて、毛皮に対する意識の変化や海外需要によって中古市場において高値で取引されています。
毛皮の種類について
毛皮の種類は主にフォックスやラビット、ラム、ミンク、チンチラなどといった種類のものが存在します。中でもセーブルは毛皮の中でも最高級とも言われており、1着数百万円で販売されている事は珍しくありません。特に毛皮の王様と称され最高級の品質誇るロシア産のロシアンセーブルは、ツヤや保温力に優れており他の毛皮とは一線を画す高級毛皮コートとして人気があります。
最も高く買取してもらう方法について
毛皮のコートを買取りに出す時には、複数の買取業者へ査定依頼する事をおすすめします。なぜなら、1社だけの査定であれば、その金額が妥当なものかどうか判断できないからです。さらには、複数の査定見積りがあれば、それを元に交渉する事も可能だかです。そして、その中からより査定額の高いところに売るというのが賢明な方法といえるからです。
ワシントン条約の制定により、毛皮そのものが貴重な存在となっています。またここ数年、機能性かつファッション性も備えた毛皮の魅力が見直されて、中古で毛皮を購入したいと考える方が増えています。そういったタイミングでもある今の時期に、不用な毛皮にコートを買取りに出してみてはいかがでしょうか。

《おすすめのサイト》
毛皮買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

毛皮のコートの素材としてラクーンはオシャレを演出できる

毛皮のコートに使われている素材の1つにラクーンがあります。
このラクーンというのは、フードについているファーなどに使用されるものとしても有名です。
したがって、見たことがある人が多いと思いますし、実際にラクーンが使用されているアイテムを着たことがあるという人もいるでしょう。
そのラクーンは毛皮のコートの生地の素材にも使われており、これが非常にオシャレに見えるのです。
というのも、ラクーンが使われた毛皮のコートは色合いがややカラフルに見えて、そこが絶妙なオシャレを演出するからです。
ラクーンの毛の色というのは、単色ではなくていろいろな色が混ざったものになります。
したがって、そこが人によっては気に入る、オシャレに見えるというケースもあると思うので、そういった人にとっては非常におすすめと言えると思います。
また、ラクーンは保温性と耐久性にも優れているので、寒い冬に着ていても温かく感じますし、商品自体がより長持ちするということが言えると思います。
そういったところも特徴と言えますから、毛皮のコートを買うときに素材を気にして選ぶならばラクーンは知っておいてほしいですし、候補にもしてもらいたいと思います。
やはり毛の色が1本1本微妙に違っているという点がオシャレに見えやすいですし、そこがラクーンの最大の魅力にも思えてくると思いますから、そういったところを踏まえて、毛皮のコートを選ぶときには覚えておいてもらいたいです。

質の良い毛皮のコートはお手入れすれば長期間綺麗な状態を保てる

かなり昔に購入したラビットファーの毛皮のコートですが毛皮の質が良かったため10年以上愛用していますが毛が抜けたりボリュームがなくなってしまうこともなく今も現役で着用しています。
子供が産まれてからはどうしても着用回数が減ってしまいどうしようか迷っていた時もありましたが長女がもう少し大きくなったら着たいというのでシーズンオフには必ずお手入れして保管しています。
毛皮のコートは洗うことができないので汚れた部分だけ固く絞った柔らかい布で汚れを拭くようにして陰干しして湿気を取ってから収納するようにしています。
このお手入れを毎年行っておくだけで毛皮の質が保たれるので数十年以上着用していますが毛皮の質が変わることなく着ることができます。
結婚前から着用している毛皮のコートなので以前は仕事用としても使用していたのでタイトスカートやブラウスに合わせてコーディネートすることが多かったのでですが現在は仕事をしている時よりもカジュアルな服装が多いのでデニムやカーゴパンツにパーカーやTシャツなど、かなり着崩して着ることのほうが多いです。
毛皮のコートは見た目も華やかでゴージャスな雰囲気なのであまりかっちりとした綺麗めのコーディネートに合わせてしまうとかなりリッチでセレブな雰囲気になってしまうため自分では今のデニムやカーゴパンツなどと合わせてカジュアルダウンさせて着るほうが自分らしくて気に入っています。
質が良い毛皮だったので今も購入した当時と同じような毛皮の質感を保っていますが買取をしてもらうとなるとかなり昔に購入したので値段がどのくらいになるのかわからないので長女が気に入っていることもあり買取してもらうことは考えずこのまま長女が着用できるようになるまでお手入れをしながら綺麗に保管していくつもりです。

毛皮コートの色合いによる特徴と魅力

毛皮コートの着こなしとして意識することは、色です。
他のコートと同様にデザインも大事ですが、毛皮のコートは特に色が重要なポイントです。
初心者はまず4色から選んでみると良いです。
白い毛皮コートは、柔らかいイメージにまとめたい人はクリーム寄りのホワイトに、都会的な洗練さを演出したい人は真っ白にすると良いです。
ホワイト系の毛皮のコートならば、アウターの重たい雰囲気もなくなります。
ブラウン系やベージュ系の毛皮コートでは、ナチュラル系ファッションと合わせたい人はブラウン、ベージュ系が良いです。
カジュアルなコーデにまとめたいならば、ブラウン、ベージュ系がもっともバランス良く映えます。
あたたかみのある色なので意外とガーリーな服装にも合います。
グレー系の毛皮コートは、大人シンプルにまとめたい人におすすめの色です。
主張が強すぎない色なので、どんな服にでも合わせやすいのが特徴で、年齢層の落ち着いた人に人気がある毛皮コートです。
ブラック系の毛皮コートは、クールに決めたい人にオススメで、どんな色にも合わせやすい色ですが、ともすると重たい雰囲気になってしまうので、インナーは明るめにしたほうがバランス良くなります。
毛皮のコートは色によって大きく着こなしポイントが異なります。
白系の毛皮コートは、若々しさや清純さを感じる事ができて、ブラック系の毛皮コートは、大人っぽい締まった雰囲気を出す事ができます。
毛皮コートを選ぶ時は、好みに合わせる事が一番ですが、コーデの事も考えてチョイスすると良いです。