毛皮のコートを保管する上で知っておきたい事

毛皮のコートの保管方法に工夫はしていますか?コートはコートでも毛皮のコートは保管の仕方に少し工夫をしましょう。
・毛皮を保管する方法
毛皮を自宅で保管する時には汚れを綺麗に落としてから保管する事が重要になります。少しの汚れも見逃がさない方がいいです。例えば冬の間に1度でも利用したのなら、そのままの状態で放置しておていはいけません。
それでは虫がついてしまう可能性があるためです。ですから、保管する前には十分に汚れを落としておきましょう。それから、毛皮は光と埃を避けるようにして保存する事が大事です。
日光に気を付ける事はもちろんの事、蛍光灯の光も気を付けましょう。理由は光によって毛皮は色が変わってしまうからです。とはいえ、湿気が多い場所に保存していてはカビの影響を受けますから、湿気が少なくて風も通っていて、なおかつ光をが当たる事が無い場所を保管場所にする事が重要になります。
埃について言えば毛皮を傷める原因になりますし、毛抜けにも繋がります。保管する前には軽く叩いておけば、毛に挟まっている埃やゴミを取り除いておく事ができます。
・毛皮だからこそ気を付ける事
他のコートと同じようにビニールをかけて保管するのはやめておいた方がいいでしょう。ビニールを覆う事は通気性の面でいけません。毛皮専用の木箱に紙で包み込む形で保管します。
もしも箱が無い時には布の袋にしまい、ハンガーにかけて吊るしておく方法もあります。また布の袋の中には紙で包んだ防虫剤も入れておくといいでしょう。毛皮のコートは保管に気を使う事もありますが、長く使えるように注意ポイントは押さえておきましょう。